初夏の花々

2024.06.09. Jokomyoji
浄光明寺

萩(はぎ)

2024.06.09. Jokomyoji
浄光明寺

泰山木(たいさんぼく) まだ咲いていました

2024.06.09. Jokomyoji
浄光明寺

梔子(くちなし)、甘い香りが漂います

2024.06.09. Eishoji
英勝寺

姫檜扇水仙(ひめひおうぎずいせん)

2024.06.09. Eishoji
英勝寺

半夏生(はんげしょう)

2024.06.09. Eishoji
英勝寺

露草(つゆくさ)

2024.06.09. Eishoji
英勝寺

未央柳(びようやなぎ)

2024.06.09. Eishoji
英勝寺

虫取撫子(むしとりなでしこ)

北鎌倉は人でいっぱい

2024.06.02. Meigetuin
明月院

明月院の紫陽花がきれいになてきました

2024.06.02. Meigetuin
明月院

明月院後庭園も見頃です

2024.06.02. Jochiji
浄智寺

蛍袋(ほたるぶくろ)

2024.06.02. Jochiji
浄智寺

浄智寺の岩煙草(いわたばこ)。この崖はずっと変わりません。

2024.06.02. Kitakamakura
北鎌倉

メラレウカ、白いブラシの樹。初めて見ました。

光則寺の紫陽花コレクション、始まる

2024.05.26. Kosokuji
光則寺

時計草(とけいそう)

2024.05.26. Kosokuji
光則寺

光則寺の紫陽花コレクションが始まりました

2024.05.26. Kosokuji
光則寺
2024.05.26. Kosokuji
光則寺
2024.05.26. Kosokuji
光則寺

アカンサスの花

2024.05.26. Kosokuji
光則寺
2024.05.26. Hasedera
長谷寺

長谷寺も珍しい紫陽花のコレクションをしています

2024.05.26. Hasedera
長谷寺
2024.05.25. Hasedera
長谷寺
2024.05.26. Hasedera
長谷寺

観光地として長谷寺はいわばワンダーランドで(立派な観音様や大きな金色の仏像、池のある庭園や山の散歩道、海が見えるテラスやそこに付属する食堂や、不思議な雰囲気の洞窟、可愛らしいお地蔵さんなどのフォトスポットなどなど、よく手入れがされた花々)日本の観光地としては頑張っていると思います。外国の人を案内するとしたらまずここを選ぶでしょう。でも観光客としてではなくて鎌倉が好きという私にとっては光則寺のような静かな空間でしかも木々や花々や鳥たち、そして光や風と共に過ごすことができる空間を作ることに手をかけているところに行くとホッとします。

紫陽花の季節が始まる

2024.05.22. Meigetuin
明月院

明月院後庭園の花菖蒲(はなしょうぶ)が咲き始めました

2024.05.22. Meigetuin
明月院

これからしばらく楽しめそうです。

2024.05.22. Meigetuin
明月院

紫陽花(あじさい)も少しずつ咲き始めています

2024.05.22. Meigetuin
明月院
2024.05.22. Meigetuin
明月院
2024.05.22. Meigetuin
明月院

色々な種類の紫陽花が咲いてきました

2024.05.22. Meigetuin
明月院

山法師(やまぼうし)この時期、新緑の山を飾る花です

2024.05.22. Kitakamakura
北鎌倉

柏葉紫陽花(かしわばあじさい)も咲いてきました

2024.05.22. Jochiji
浄智寺

岩煙草(いわたばこ)こらからまだまだ楽しめそうです。ところで撮影禁止になった東慶寺の岩煙草の崖は自然の姿に戻っていて「名所」であることをやめたようです。

2024.05.22. Jyochiji
浄智寺

浄智寺のお花畑

2024.05.22. Jochiji
浄智寺

躑躅(つつじ)

2024.05.22. Jochiji
浄智寺