蓮の花づくし

鶴岡八幡宮 はす
鶴岡八幡宮 はす

  源平池ではハスがたくさん咲いていました。向かって左側の平家池の白い蓮が今年は元気です。本来は平家が赤のはずですが。まだつぼみもたくさんあって、しばらく楽しめそうです。

鶴岡八幡宮 はす
鶴岡八幡宮 はす

  今日は風が強くて、蓮のいい香りが飛ばされて少ししか楽しめませんでした。

鶴ケ岡八幡宮 はす
鶴ケ岡八幡宮 はす

  向かって右側の源氏池は、源氏の色の白い蓮が主役ですが、平家の色の赤い蓮もちらほらとあります。それぞれにきれいで、この季節の楽しみですね。

鶴岡八幡宮 はす
鶴岡八幡宮 はす

 いろいろな形がある中で、おまんじゅうのようなハスの花。

爽やかさを求めて

光則寺 ハス
光則寺 ハス

 光則寺には鉢植えのハスがあります。咲き始めたその立ち姿は凛として、周りの空気をさわやかにしていました。源平池のハスとはまた違った楽しみ方が出来ます。

光則寺 モナルダ
光則寺 モナルダ

 この鮮やかな赤が夏を彩ります。「たいまつばな」という別名もあるらしく、なるほどなあ、と思います。

光則寺 ギボウシ
光則寺 ギボウシ

 白いギボウシがちょうど咲き始めたところでした。この花はすぐにしぼんでしまうので、いいタイミングでした。

光則寺
光則寺

 陽だまりにすくすくと立つ小さなピンクの花の集まり、名前がわかりません。

 みそはぎ、という名前のようです。光則寺の山門に置いてあるプリントに書いてありました。

降ったりやんだりの、止んだすきに北鎌倉へ

北鎌倉 ひめひおうぎすいせん
北鎌倉 ひめひおうぎすいせん

浄智寺から明月院に向かう途中の道で。モントブレチアという名前もあるようです。

北鎌倉 ひめひおうぎすいせん
北鎌倉 ひめひおうぎすいせん

この、弧を描いたリズム感が好きです。

北鎌倉 ねむのき
北鎌倉 ねむのき

ねむの木の花の季節です。浄智寺にも、明月院にもあるのですが、背の高い木なので写真に撮るのが難しく感じます。やや逆光気味できらきらしているところを何年か前に撮ったことがありますが、デジカメにかえてからはなかなかいい光に出会えていません。

北鎌倉 はくせきれい
北鎌倉 はくせきれい

道端に落ちた小さな花を、ハクセキレイがついばんで、またさーっと飛んでいってしまいました。その一瞬。雨にぬれて、ちょっとなさけなさげな姿です。花を食べる、と言えばエディブルフラワーのジャンルと、花のジャム、たとえば薔薇のジャム、のジャンルがあります。僕にとっては間接的ですが、はちみつが花を食べる行為に当たります。お休みの日は、レモンの蜂蜜を発酵バター食パンにつけて食べるのが、今のお気に入りです。

紫陽花はだいぶ終わりに近づいていました。明月院も特別料金は終わっていました。明月院でも七夕の笹飾りを何本も立てていたのにびっくりしました。去年は気がつきませんでした。

歩くには暑いけれど

妙本寺 のうぜんかずら
妙本寺 のうぜんかずら

妙本寺の参道は森の木陰のように空気がひんやりして、それまで暑い暑いと呟きながら歩いてきた路地の熱気が嘘のようです。階段を上ると山門は工事中でしたが、山門の左右に植えられたノウゼンカズラは、陽の当たる方が咲いていました。去年より花芽が多いようです。

大巧寺 くんしらん
大巧寺 くんしらん

今、いろいろな所で目にする花ですね。すっと伸びて華やかに咲いている涼しげな色がさわやかです。

大巧寺 ぼたんくさぎ
大巧寺 ぼたんくさぎ

この色の取り合わせが素敵です。このお寺は鎌倉駅からすぐのところにあります。「おんめさま」と呼ばれて安産の神様です。今日は本覚寺から大町、妙本寺、大巧寺、裏駅の、むかしテニスコートだったところににできたスーパーで、今気に入っている柚子胡椒のあられを買ってまた本覚寺に戻りそれから八幡宮にまわりました。暑いのにずいぶん歩きました。

鶴岡八幡宮 大銀杏
鶴岡八幡宮 大銀杏

大銀杏その後の様子です。新芽の背丈がずいぶん伸びていました。

鶴岡八幡宮 蓮
鶴岡八幡宮 蓮

源平池に行ってみました。まだちょっと早いようでしたが、あちらでひとつ、こちらでひとつ、と咲いています。何よりも蓮のいい香りが満ちています。

夏だ

海蔵寺 ききょう
海蔵寺 ききょう

  よく手入れがされている庭で、白と紫の桔梗が咲いています。
  学生の時は自転車のお散歩コースがあって、妙本寺や寿福寺や、駅近くの本屋さんや、もう閉店してしまったお気に入りの喫茶店とともに、大事な立ち寄り場所でした。

海蔵寺 ききょう
海蔵寺 ききょう

 今日は雨上がりの晴れで蒸し暑い一日でした。花や葉っぱに水滴がついてきらきらしていました。見上げれば青空に白い雲。ポロシャツだけでまだ暑い。

海蔵寺 すいれん
海蔵寺 すいれん

  本堂の裏には庭園があって、そこが一つの世界を作っています。蒸し暑いこの季節に水連の黄色い花がさわやかです。
 オランジュリーの楕円の空間に展示された水連と、レンズを通して見た水連が、時間と空間とを超えて共鳴するのを感じました。