桜と雨

2024.04.03. Turugaoka Hachimangu
鶴岡八幡宮

ようやく桜が咲き始めました。源平池で。

2024.04.03. Turugaoka Hachimangu
鶴岡八幡宮

雨ですが蕾がどんどん膨らんでいます

2024.04.03. Turugaoka Hachimangu
鶴岡八幡宮

水辺の桜はいいですね

2024.04.03. Dankazura
段葛

八幡宮への参道である段葛(だんかずら)の若い桜もだいぶ咲いてきました。桜のトンネル。

2024.04.03. Yukinoshita
雪ノ下

附属鎌倉中学校の通学路

あいにくの雨でしたが桜は咲きます。附属鎌倉小学校の入学式の時も冷たい雨で、上級生にもらった折り紙で作った風車(かざぐるま)が雨に濡れてがっかりしたことを思い出します。

今日もまた冷たい雨

2024.02.25. Hasedera
長谷寺

梅の花びらが池に散っています。水の中には金魚や鯉が、水面には河津桜が映っています。

2024.02.25. Hasedera
長谷寺

雨の河津桜

2024.02.25. Hasedera
長谷寺

木瓜(ぼけ)

2024.02.25. Hasedera
長谷寺

三葉躑躅(みつばつつじ)

2024.02.25. Kosokuji
光則寺

馬酔木(あせび、あしび)

2024.02.25. Kosokuji
光則寺

思いのまま(梅の種類、色の咲き分けを楽しむことができます)

今日も冷たい雨でしたが雨に濡れる花もいいですね。

冷たい雨の中、マティスをみにゆく

2024.02.23. Toykyo
国立新美術館(東京)

マティスが来ていたのでさっそく行きました

2024.02.23. Tokyo
国立新美術館(東京)

ロザリオ礼拝堂が再現されていたのは嬉しい驚きでした。

2024.02.23. Tokyo
国立新美術館(東京)

Matisseが好きでNiceのマティス美術館(すぐそばにシャガール美術館もあります)に行ったりVenceのロザリオ礼拝堂に行ったりしました。現地の礼拝堂は撮影禁止だったので、今回の展示で記憶が蘇りました。南仏の光は明るく礼拝堂は光に満ちていました。その雰囲気を再現するよう頑張っているなと思いました。

2013 Chapelle du Rosaire ( Vence)
ロザリオ礼拝堂(ヴァンス)

ヴァンスのロザリオ礼拝堂。山の斜面に建っています。2013年当時は路駐でした。ナビが近道を指示して車幅ぎりぎりの石の橋を渡ることになって焦ったことを思い出します。

葉山の神奈川県立近代美術館にマティスが来た時にはお休みごとに通っていました。海に面した一番広い展示室でマティスの色が踊っていて素敵でした。

雨の瑞泉寺

2024.02.21. Zuisenji
瑞泉寺

ひだまりに早くも花大根(紫花菜)が咲いていました。

2024.02.21. Zuisenji
瑞泉寺

「瑞泉寺の黄梅」

2024.02.21. Zuisenji
瑞泉寺

和菓子を思い起こさせるふくよかな梅

雨の瑞泉寺ですが観光の人が多くてびっくりしました。

立春、冷たい雨の日曜日を上野で過ごす

2024.02.04. Ueno
上野

平泉中尊寺の仏像と間近に接することができるのを楽しみにしていました。

2024.02.04. Ueno
上野

中尊寺金色堂の模型。これだけは写真を撮ってもいいよ、という場所です。

2024.02.04. Ueno
上野

内部の構造

高校の修学旅行で東北を巡った時に中尊寺金色堂には驚きました。富があれば文化が栄える、というのは確かですが、でも富があるところならどこでも文化が栄えるのか、というとそうとは限りません。