冷たい雨の大町

2019.11.27. Daigyoji
大功寺

冷たい雨が降る午前中、大町を散歩しました。まだはじけていないツルウメモドキは黄八丈のような色です。

2019.11.27. Daigyoji
大功寺

花弁が筒状で末端が開いた菊。オビトケギク、帯解野紺菊。

2019.11.27. Myohonji
妙本寺

山の中で目立つハゼノキ。

2019.11.27. Myohonji
妙本寺

妙本寺の紅葉はまだこれからが楽しみです。

2019.11.27. Namerigawa
滑川

雨宿りしているアオサギ。

今日はダウンコート。寒いので暖かいお昼を食べて、線路ぎわのケーキ屋さんで一休み。

山道を歩いて瑞泉寺に行く

瑞泉寺
瑞泉寺

お天気に恵まれた日曜日、友人たちとハイキング。円海山から大丸山を経て天園まで気持ちの良い尾根道を歩いて、瑞泉寺に下ってきました。瑞泉寺に寄ってみたらガクアジサイが咲き始めていました。裏の庭園ではトンボがすいすい飛んでいました。

小町
小町

お茶もビールも飲めるところ、で思い出したのがここ。改築して新装開店してからはまだ行っていませんでした。前の雰囲気を残しながらこぎれいになっていました。前回の写真は2010.03.03.にあります。

春の嵐の中、横浜山手に行く

横浜山手
横浜山手

爆弾低気圧が通り過ぎる中、強風の山手に行ってみました。雲は風で飛ばされて青空です。新緑と八重桜と、青空と。

横浜山手
横浜山手

強風にほこりも吹き飛ばされて遠くの山も見えます。外人墓地あたりはちょっとメルヘンチックですね。お茶の水の山の上ホテルのあたりもそうですが、丘はなにか物語が生まれそうな予感に満ちています。学生の頃山手の丘の喫茶店でひと休みしていると、ものすごい勢いでレポートを書いている人がいましたが、きっとフェリスの人ですね。本人必死なのだと思いますが、お茶の水と似ているな、と思いました。お茶ノ水は好きな場所で「画翠檸檬」(コーヒー屋さん、今はトラットリアになっているようですね)とか紅茶屋さんとか、いろいろ行きました。今よりも学生の街でした。「DISC UNION」と黒字に赤く描いた袋は学生のアイコンでした。

最近手に入れた24㎜相当の広角レンズはけっこういい感じです。広角専用にしていたコンパクトカメラは技術の進歩のせいで、主役にするにはちょっと物足りなくなりました。バランスがとれた、いい働きをするカメラだったのですが(ただし、1cmまで寄れる広角カメラは他にないので、まだまだ出番はあります)。

冷たい雨は恵みの雨

明月院
明月院

冷たい雨の朝、北鎌倉は冷え込んでいました。明月院では満開の紅梅に雨の恵みが宿っています。あまりにも寒いので大船のいつもの喫茶店でコーヒーを飲んで帰りました。大船には昔「薔薇館(ばらやかた)」なんていう名前の喫茶店があって結構通ったものですがいつの間にか消滅してしまいました。紅茶専門店「麗豆ん(れいずん)」もよく行きましたが消滅。今日行ったお店はその頃から続いています。藤沢の「ドルチェ」も好きで通ったお店ですが消滅してしまいました。山手にも「展覧会」という喫茶店がありましたね。ムソルグスキーの曲をエマーソンレイクアンドパーマーELPが出した頃です。横浜駅西口には「横浜珈琲館」がまだ残っていてホッとしますね。そうそう、「WEST END」がもうすぐ消滅します。これは我々の世代にはとっても残念です(コーヒー23もいつのまにか見えなくなりました)。