獅子舞の紅葉

2021.12.15. Sisimai
獅子舞

行くのが大変なのでしばらくご無沙汰でした。例年12月10日前後が見頃です。

2021.12.15. Sisimai
獅子舞

尾根と尾根の間の谷間なので道がぬかるんでいます。昨日の雨でさらに滑りやすくなっていました。

2021.12.15. Sisimai
獅子舞

大きな銀杏の木があって、銀杏の黄葉の落ち葉と紅葉のコラボを楽しむ事ができる年もあります。

2021.12.15. Sisimai
獅子舞

見上げる紅葉が主体だった獅子舞ですが、このアングルから見る事ができる道がメインルートに変わっていました。

2021.12.15. Sisimai
獅子舞

子供の頃この道は笹原で背の低い紅葉が両側にありましたが今は陽の光を求めて背が高い木がひしめいています。

2021.12.15. Sisimai
獅子舞

前回来た時にはなかった表示。ここよりも少し下側が獅子舞の由来という説明でしたが、新たな発見があったのでしょうか。

2021.12.15. Sisimai
獅子舞

陽の光を求めて高く伸び上がった紅葉の様子がわかります。iPhone(最後の2枚)はよく撮れるなあ。

獅子舞には天園から降りてゆくのが一番楽です。でも二階堂から水の流れに沿って秘境の雰囲気を味わいながら登ってゆくとよりドラマチックかもしれません。その代わり滑りやすいので注意が必要です。

明月院本堂後庭園の紅葉

2021.12.08. Meigetuin
明月院

明月院本堂後庭園がどうなっているのか気になっていました。今年は早めに感じます。荒天のせいもあってだいぶ散っています。そこがまたきれいです。

2021.12.08. Meigetuin
明月院
2021.12.08. Meigetuin
明月院
2021.12.08. Meigetuin
明月院
2021.12.08. Meigetuin
明月院

今日はお天気が悪かったので、庭園に一人でした。こんなことは初めてです。

浄智寺に行ってみました

2021.12.08. Jochiji
浄智寺

銀杏の落ち葉が境内を飾ります

2021.12.08. Jochiji
浄智寺

本堂前の木が見事です

東慶寺にも行ってみました

2021.12.08. Tokeiji
東慶寺
2021.12.08. Tokeiji
東慶寺

もう蝋梅が咲き始めていました

2021.12.08. Tokeiji
東慶寺

北鎌倉の紅葉はもうすぐ終わりですね

一条恵観山荘の紅葉

2021.12.05. Ixhijyou-Ekan Sanso
一条恵観山荘

そろそろきれいじゃないかな、と思って一条恵観山荘に行ってみました

2021.12.05. Ichijyo-Ekan Sanso
一条恵観山荘
2021.12.05. Ichijyo-Ekan Sanso
一条恵観山荘
2021.12.05. Ichijo-Ekan Sanso
一条恵観山荘
2021.12.05. Ichijo-Ekan Sanso
一条恵観山荘
2021.12.05. Ichijo-Ekan Sanso
一条恵観山荘
2021.12.05. Ichijo-Ekan Sanso
一条恵観山荘
2021.12.05. Ichijo-Ekan Sanso
一条恵観山荘

四阿(あずまや)の屋根がいい感じです

2021.12.05. Ichijo-Ekan Sanso
一条恵観山荘

手入れが行き届いたいい木が揃っているので美しい空間を楽しむことができました。ここに来ると京都に行きたくなります。曼殊院は今ごろきれいだろうなあ。

すぐ近くの報国寺にも行ってみました

2021.12.05. Hokokuji
報国寺
2021.12.05. Hokokuji
報国寺
2021.12.05. Hokokuji
報国寺

報国寺も見頃でした

今日はいつものカメラ、E-M5 Ⅲに24-120mm相当のVARIO-ELMARITをつけたものをA&Aのハンドストラップでぶらさげて出かけました。フルサイズカメラは重いので軽いマイクロフォーサーズの方に手が伸びてしまいます。

冷たい雨

2020.12.02. Turugaoka Hachimangu
鶴岡八幡宮

12月になって八幡宮も紅葉してきました。

2020.12.02. Turugaoka Hachimangu
鶴岡八幡宮

大銀杏の後継者もこんなに大きくなりました。

2020.12.02. Turugaoka Hachimangu
鶴岡八幡宮

今日は冷たい雨の一日でした。

2020.12.02. Hokaiji
宝戒寺

椿の花びらの絨毯

一条恵観山荘に紅葉を見にゆく

2019.12.04. Ichijo-Ekan-Sanso
一条恵観山荘

紅葉がきれいになってきたので、一条恵観山荘(いちじょうえかんさんそう)に行ってみました。

2019.12.04. Ichijo-Ekan-Sanso
一条恵観山荘

門を入ると立派な紅葉が出迎えてくれます。

2019.12.04. Ichijo-Ekan-Sanso
一条恵観山荘

受付を通り過ぎてすぐの庭。冒頭の写真はここにある灯籠。

2019.12.04. Ichijo-Ekan-Sanso
一条恵観山荘

山荘は予約制で中を見学することができるようです。今日は外から。

2019.12.04. Ichijo-Ekan-Sanso
一条恵観山荘

いい光に恵まれました。

2019.12.04. Ichijo-Ekan-Sanso
一条恵観山荘

素敵な石が並んでいます。建物も石の一部も京都から持ってきたということですが、京都風の空間が広がっています。

2019.12.04. Ichijo-Ekan-Sanso
一条恵観山荘

力強い藁葺き。

2019.12.04. Ichijo-Ekan-Sanso
一条恵観山荘

編笠門。額に見えますが「頭上注意」と書いてあります。

2019.12.04. Ichijo-Ekan-Sanso
一条恵観山荘

すぐ裏の滑川に接していて川の音を楽しむことができます。

2019.12.04. Ichijo-Ekan-Sanso
一条恵観山荘

滑川(なめりがわ)。子供の頃この川で遊んでいてこの一画だけ河床がきれいなのが不思議でしたが、今日その秘密がわかりました。ちゃんと手入れしていたのですね。

2019.12.04. Aoto-Basi
青砥橋

すぐ上流の青砥橋から見た滑川。普通はこんな感じです。

2019.12.04. Kosin-Zuka
庚申塚

すぐ近くの庚申塚がどうなっているかな、と思って行ってみました。木がだんだん大きくなってきて、少しずつ姿を変えてゆきます。この反対側は昔田んぼでした。

いい茶室があるということは知っていましたが一般公開されていなかったので、すぐ近くで生まれ育ったのに今日初めて行きました。