ショカッサイ

2010.03.17.ogawa

春の小川にショカッサイ。線路際のどぶ川です。すぐそばにはレンギョウも揺れていました。

2010.03.17.kitagawa

ショカッサイがたくさん咲き始めました。春休みの頃に咲く花ですね。

白木蓮の木の下で

2010.03.17.jyoukoumyouji

浄光明寺は、今日がちょうど見頃という感じでした。この木が好きで、休みのたびに通っていましたが、昨年は多忙で一度も訪れる事ができませんでした。よく桜が人を惑わせるといいますが、白木蓮の艶かしさはかなりのものと思います。

2010.03.17.houkaiji

宝戒寺のハクモクレンは低い枝に花がつくので、また違う楽しみがあります。こちらはもう盛りを過ぎていました。盛りを過ぎて、色が変わってゆく花びらも、またいいものです。こうしてつぼみが開きかけて、咲き誇り、徐々に痛んでゆき、と時間をともに過ごしてゆくと、その木に取り憑かれてしまっている事に気がつきます。

コブシ

2010.03.14.

青い空の下、白い花が咲き始めました。コブシのひらひらした少し華やかで柔らかい、優しい花も好きです。

白木蓮も紫木蓮も咲いていました。今年はハクモクレンの木の下でゆっくり時間を過ごしたいと思っていたのですが、日々変化してゆく花なので次の休みにはもう盛りを過ぎているかもしれません。

空いてしまった空間

朝、鶴岡八幡宮に行ってみたら、ぽっかりと空間ができていました。約千年もその空間を支配してきたものが突然なくなると、見た目だけではなく、風の流れや動物たち、地下の水の流れなども影響を受けるのだろうな、と思います。

ニュースで聞くところでは、「御神木」だったんですね。確かにしめ縄を巻いていました。年老いた木は皆しめ縄を巻くのだと単純に思っていたのですが、御神木なので境内から外には出さない、という話には、ちょっとびっくりしました。

2010.03.14.